理事長挨拶

                     理事長 村山伸子

 2019年11月より,新執行部体制となり,理事長を拝命しました。
地球上の全ての人の幸福と健康のため,そして持続的な社会と
自然環境の保全のために,学会員の皆様とともに,これまでの
日本栄養改善学会の歴史と活動の広がりを発展的に継承して
いきたいと思います。

 具体的には,本学会の長期目標である「実践栄養学の学術として
の確立」に向け,中期目標としての「栄養・食の管理の実践現場と
大学・研究機関の連携・協働による実践研究の促進,成果の社会への発信の強化」をさらに推進します。そのためには,実践栄養学の学術としての確立と,科学を基盤とした実践栄養活動は両輪であり,共に進んでいく必要があります。
 現在,世界は,人口が増加する地域と減少する地域の偏在,社会経済格差,自然環境の悪化に伴う地球温暖化が,世界の人・物(金)・情報が国境を越えてつながるグローバル化の中で進展するという,これまでの歴史上経験したことが無い時代を迎えています。そのような中で,持続的な社会のあり方について,日本だけでなく,地球全体として考えることが必要であり,日本にどのような役割が果たせるかが問われています。特に,“栄養”は,自然から生産される“食”と人が“生きること”“健康”“幸せ”とをつなぐ基本的な営みであり,“栄養”をどういう方向に進めていくかが,地球や人の存続に関わっているともいえます。その方向を決める基礎となるのが“栄養学”であり,中でも“実践栄養学”をどう発展させるか(発展させることに貢献できるか)が本学会の担う役割といえます。
 こうした中で,この数年は,日本において栄養サミット,第22回国際栄養学会議(22nd IUNS-ICN)が開催され,本学会がどのように学術として実践栄養学を世界に発信できるかが問われる時期になります。このことを念頭に,引き続き以下の活動をおこないます。
〇学術総会の充実・発展:若手の交流の場,編集委員と話し合うコーナー設置等,会員の交流の場としての役割を強化する。表彰事業の活性化
〇実践栄養学の研究の蓄積:栄養学雑誌の実践栄養学研究の論文掲載の場としての充実
〇栄養学の実践を担う人材育成:厚生労働省からの委託事業として作成した「管理栄養士・栄養士養成のための栄養学教育モデル・コア・カリュラム」の普及
〇栄養学の社会実装:関連学会等と連携し「健康な食事・食環境」認証制度の運営・検証
〇実践栄養学推進のための基盤整備:日本給食経営管理学会と協同で日本食品標準成分表等の食品データベースの課題と活用方法を検討
〇実践栄養学の研究体制整備:地方支部会と連携した,実践栄養学研究セミナーの推進・充実
〇実践栄養学の国際的発信:2021年に日本で開催される第22回国際栄養学会議(22nd IUNS-ICN)を日本栄養・食糧学会と共同主催
〇会員相互のコミュニケーション向上:メールマガジン,会員ページの充実
 学会員の会費でこれらの事業は運営されています。上記の他にも,会員の皆様からの,“こんなことしてみたい!”を歓迎します


                       2019年11月1日 理事長 村山伸子