研究倫理


「研究倫理に関する教育・支援担当」(相談窓口)の設置

 平成27年4月1日から「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号)」が施行されました。
 この指針の施行に伴い、「疫学研究に関する倫理指針」(平成19年文部科学省・厚生労働省告示第1号)、「臨床研究に関する倫理指針」(平成20年厚生労働省告示第415号)は廃止されました。
 新しい倫理指針の施行に伴い、本学会では「倫理指針検討ワーキンググループ」を組織し、「栄養改善に関する研究を実施するに当たっての倫理原則」ならびに「栄養改善に関する研究の倫理指針」について検討を付託しました。平成28年5月22日の理事会でワーキンググループの答申を受け、審議の結果、平成28年8月20日の理事会で、「栄養改善に関する研究を実施するにあたっての倫理原則」の改定、「栄養改善に関する研究の倫理指針」の廃止、ならびに本学会倫理審査委員会の解散を決議しました。
 「人を対象とする」研究を実施する会員は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を遵守し、「研究対象者の福利は科学的及び社会的な成果よりも優先されなければならない」という本質的原則の実現に貢献していただくことをお願いいたします。
 なお、所属機関に倫理審査委員会が設置されていない会員の、「研究倫理」に関する教育・支援の一環として担当窓口を設置いたしました。この窓口を利用したい会員は、下記により、お手続きください。
                           特定非営利活動法人日本栄養改善学会
                                  理事長 武見 ゆかり

人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(文部科学省・厚生労働省)(PDF)
                               (平成29年5月30日施行)
人を対象とする医学系研究に関する倫理指針ガイダンス (PDF)
                             (平成29年5月29日一部改訂)

医学研究に関する指針一覧(厚生労働省)

栄養改善に関する研究を実施するにあたっての倫理原則

 

「研究倫理に関する教育・支援担当」(相談窓口)利用案内

1.対象者 所属機関に倫理審査委員会が設置されていない会員
 ※所属機関に倫理審査委員会が設置されている会員は、所属機関の「研究倫理」に関する
  教育・支援を受けてください。
 ※所属機関に倫理審査委員会が設置されていない場合でも、共同研究者(予定を含む)の
  所属機関に倫理審査委員会が設置されている場合は、共同研究者所属機関の「研究倫理」に
  関する教育・支援を優先します。

2.教育・支援担当(学術担当理事) 赤松 利恵、川久保 清、新澤 祥恵、南 久則

3.利用方法
  所定の書式(Word形式)に必要事項を記載し、E-mail(添付ファイル)、ファックスまたは
  郵送で学会事務局にお送りください。
  なお問い合わせの対応には、一般的に2~3週間程度を要しますこと、あらかじめご承知置き
  ください。

特定非営利活動法人日本栄養改善学会事務局
   E-mail kaizen★jsnd.jp Fax 03-5446-9971
  〒108-0073 東京都港区三田3-4-18 二葉ビル904号
  ※E-mailをご利用の場合は、件名(見出し)に【研究倫理に関する問合せ】と
   必ず入力してください。
  ※「★」記号は「@」に置き換えてください。